• 文教ソリューション Educational Solution
  • インフラソリューション Infrastructure Solution
  • アプリケーション開発 Application Development
  • 運用・サポート Operational Support
  • コンサルティング Consulting

ノンプログラミング開発ツール Wagby 設計書から業務アプリケーションを自動生成

Wagby Wagby

Wagby は "開発生産性を 10 倍上げる。" ことを目指します。
この目標を実現するためには、
小手先の改善ではなく、大胆な発想の転換が求められます。
Wagby は自動生成という技術でこれを達成します。
Wagby による開発では、Java や HTML といった
プログラミング言語の知識は不要です。
ボタン一つでアプリケーションを完成させます。


Wagby の主な特長

業務アプリケーションで求められる機能を標準装備
Wagbyが標準装備する機能例
Wagbyが標準装備する機能例

さまざまな入力チェック処理をはじめ、モデル同士の参照、計算式、カレンダービュー、
集計ビュー、帳票、メール送受信機能などが標準装備。

これらの機能は Wagby 定義ファイルにパラメータを指定するだけで構築できます。
つまりノンプログラミングです。


プロが納得する非機能要件

自動生成されたアプリケーションは
"ただ動く" だけではなく、"よりよく動く" ようになっています。
これだけの非機能要件が標準でサポート。安心感が違います。

仕様書の統一

Wagby定義ファイルを学ぶことでシステム仕様記述が標準化されます。

パフォーマンス

独自のキャッシュを備え、データ件数に依存しないようになっています。

ロック

更新画面を開いたタイミングでロックがかかるので安全な運用ができます。

Ajax

画面の再描画なしで参照データ連動が行われるといった工夫があります。

高度なパスワード管理

パスワード暗号化、強制変更、連続ミスのロック機能が備わっています。

システム管理

ユーザ管理、グループ管理といった機能が標準で備わっています。

国際化対応

メッセージリソースの変更だけで国際化に対応できます。

画面カスタマイズ

JSTL や CSS といった標準技術で画面のカスタマイズが行えます。

標準技術の採用

評価の高いオープンソースライブラリを積極的に採用しています。

カスタマイズを前提とした自動生成
カスタマイズを前提とした自動生成

従来の自動生成技術と異なるのが、
"生成されたコードのカスタマイズができる" こと。
コードを変更したあとでも自動生成を繰り返すことができます。


Wagbyで実現できる機能

スライド形式で、Wagby の機能を紹介します。



もっと詳しく

Wagby による具体的なアプリケーション開発方法を学びたい方は
「チュートリアル」をご覧下さい。動画をご用意しています。

Wagby 定義ファイルの詳細を学びたい方は「Wagby 定義ファイル マニュアル」をお読み下さい。
すべての機能と、その定義方法を解説しています。

Wagby を試してみたい、という方は「トライアルキット」をお求め下さい。
評価用 Wagby を使って実際の開発を行うことができます。

ページのトップへ